ホメオパシー(1)

ホメオパシーとは、同種療法や類似療法といわれる自然療法です。
ごく簡単に言うと、「健康な人に投与して、ある症状を起こさせるものは、その症状を取り去るものになる」という「同種の法則」を根本原理とし、症状と同種のレメディーを投与することにより症状を取り去る療法。

同種とは、例えばホメオパシーでは、下痢の症状をなおすため、患者さんにアロエという下痢をおこさせる植物を逆に投与します。(まともに投与すると下痢はますますひどくなってしまうので、極限まで薄めて極少量投与します。)
すると下痢の症状は一時的に悪化するかもしれませんが、それがすぎると下痢はすみやかに治ってゆきます。(西洋医学のように薬を飲み続けなければならないということもありません。)

ホメオパシーではホメオパシー薬はひとつの刺激にしかすぎず、刺激されることによって自分の体(感情、精神も含めて)の異常状態に体自身が気づき、自然治癒力がはたらき、自分で自分をなおしてしまうのです。こうしてホメオパシーを続けているとどんどん自然治癒力が働くようになっていくのです。



肌をいじめないダイエット法
腸健康美人@情報局



病気にならない人は知っている 

健康マニアであれば、知っている事ばかり書かれているかもしれません。

けど、読んでみる価値大ですよるんるん

  ↓   ↓   ↓

人間は本来、無病で健康である。だが処方薬・市販薬は全て毒となり、水道水は動脈壁に傷をつける…。ひとつやめれば体調が良くなり、全部やめれば長寿になる健康法が満載。




肌をいじめないダイエット法
腸健康美人@情報局





マクロビオティック(5)

マクビオティックの基本的な食事の割合

○雑穀も含む全粒穀物    40%〜60% 
○漬物も含む野菜      20%〜30%
○豆製品も含む豆類・海草類 5%〜10%
○味噌汁も含むスープ    5%〜10%
 
○少量の温帯産の果物・種子や木の実・刺激の少ない飲み物
○自然加工の調味料や刺激の少ない香辛料
○脂肪の少ない魚介類(食べる場合は、週に数回、ごく少量)

基本的な食べ方は、変わりませんが、先祖伝来の住まいする土地柄や体質によっても多少食べ方は違ってきます。
一例ですが、日本とアメリカ或いは、まったく同じ人がいないように、個人個人で、食べ物或いは塩気のつけ方も、違います。
暖かい土地柄と寒い土地柄でも食べ物や塩気のつけ方が違ってくる。
また、様々な条件により、人それぞれ適した塩気のつけ方があり、固定的或いは一定ではない。
同じ日本でも暖かい土地に住んでいる人は、塩気がうすく、寒い地域に住んでいる人は、塩気を少し濃く味付けされる。
一般的に、日本に住んでいる人の味付けは、極端すぎるうす味にしない。



肌をいじめないダイエット法
腸健康美人@情報局




マクロビオティック(4)

マクロビオティックの注意点

○主食は、パンなどの粉食ではなく粒食を主にします。
私達日本人は、外国料理であっても、粉食は避け、
全粒穀物を主にいただきます。
玄米などは、消化されにくいと思われがちですが、口の中でペースト状になるまで噛むか、
消化に優れた発芽玄米などをいただくと、白米と同じ感覚でいただくことが出来る(よく噛むこと)
グルメとサプリの国-岡山果物王国

*先祖伝来パン食で生きて来られた方で、パン食を食べる場合は、全粒粉で、天然酵母のパンを食べ、玄米と同じく口の中でペースト状になるまで唾液の酵素と混ぜ合わせ食します。)
○焼き上げたもは、避けるようにします。
(煮る・蒸す・炊くなど日本特有のやさしい調理を主にする。)

○茄子科の野菜は極力避ける。
シュウ酸が多いので食べるのなら季節の野菜を少量、カルシウムの吸収を難しくするので食べあわせに注意。
体を冷やす要素が考えられるので、食べ方に注意。
茄子・ジャガイモ・トマト・ピーマンなど茄子科の野菜
(季節柄、旬である場合、少量使用するか、食べあわせ方に工夫します。旬を過ぎたものは、使用しません。)
その他、ほうれん草などシュウ酸の多い物は避けます。

○動物性の食材は、使わない 
だし汁・ブイヨンに至るまで、動物性の物は使用しない。
動物性の食材、牛肉・鶏肉・豚肉・卵・乳製品・魚等も一切使用しません。
特に、乳製品は、ミルク及び、チーズ・ヨーグルト・バター・などの発酵食品であっても一切使用しない。

○脂の多い魚は避け、特に赤身の魚は、避ける。
食べるのであれば、白身の魚で、週に一から二度程度、
肉食が食べたい場合は、一月に一回から二回位と、指導されることもあります。

*一物全体食の基本の考え方の中で、小魚は、全てを食べれるから寛容と説く事もありますが、もうすでに近海は、環境ホルモンなどに犯されていることを考えると、悪い物が蓄積されやすい内臓を食べることは、場合によっては薦められない。内臓には、科学的な物だけが蓄積されるのではなく、自然に存在する自然毒も蓄積しやすく、動物性の脂が多く含まれている。

通常普通に生活をされている健康な方、
ドクターに食事指導を受けていない健康な方等が、
毎食動物性の食材を食べたい場合は、
動物性の食材は、全体の割合を極々少量とします。
(その場合でも、他の料理には、だし汁・ブイヨン・スープに至るまで動物性の物は使用しないのが基本です。)

*動物食を食べたい場合の対応を示しましたが、「動物食が僅かでも混入した物は、マクロビオティック食ではない。」とされています。


肌をいじめないダイエット法
腸健康美人@情報局


マクロビオティック(3)

マクロビオティックで、よく使われる多糖類炭水化物の多いもの

○野菜やきのこの甘み・水あめ(米飴・麦飴等)穀物・豆類・海藻類などの甘み。


純粋なメープルシロップやてんさい糖でも、、穀物から出来た糖より単糖が多く入っているため使用する場合は、とり過ぎないように注意が必要です。

マクロビオティックのレストランやマクロビオティックのレシピ本の中には、一般の人にも甘みをわかって頂くために、
やや単糖の多い、純正メープルシロップや純正甜菜糖を使っている場合もありますが、からだにやさしい穀物から出来た穀物甘味料を主にすることが、もっとも理想です!!

マクロビオティックに共通して言える事は、普通一般の料理より、甘味料は、ごく少量の使用に留めています。



肌をいじめないダイエット法
腸健康美人@情報局
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

ホームページ宣伝野郎